ユダヤ暦

当時、ユダヤでは、肉眼による天体観察に基づき、月や日付が決められていました。
ひと月は、日没後に初めて新月が見えた夜に始まり、そして日付は夜空に見える月の形によって決められました。
エルサレム神殿は、毎月の新月を確認する専門家の集団を擁していました。これらの少なくとも二人が新月を確認したと主張すれば、祭司がその者たちに詳細な質問を行い、その正しさを祭司が認めたなら、ラッパが吹き鳴らされ、新月の出現と新たな暦月の始まりをエルサレムの人々に告知しました。(聖書研究資料)
聖書(エゼキエル書46章3節)
国の民は、安息日と新月に、門の入り口の所で主に向かって礼拝しなければならない。